会社のあゆみ

あゆみ

目次

会社のあゆみ

1話 第一歩

私の幼年時代の我が家の家業は農業でした。
私の記憶では、祖父は家族と父母と共に、毎日毎日、朝は朝星、夜は夜星が見える時間まで、黙々と田んぼで働いていたように思います。

その当時の百姓仕事に欠かせないのが農耕用の牛であり、私は父に牛車に乗せられて、家族が野良仕事をしている間、小川で遊んでいたことを思い出します。

少年時代には、学校から帰ると庭のタタキに消し炭で「どこどこの田んぼにいる」ということが書いてあり、農作業の手伝いをよくさせられました。この時ほ ど、町の子をうらやましく思ったことはありませんでした。「どうして町の子に生まれなかったのだろう?」と幾度となく思ったものです。

戦後、父は農業の傍ら、農閑期には市内の建設会社に日雇いとして働きに出ておりました。そんな時、農耕用の牛を農閑期にも自分と同じように働かせることは 出来ないかと考え、荷物運搬用の車を作り、建設資材の運搬を担当させて頂いたのが、物を運んでお金を頂いた仕事の最初だと記憶しております。

この時が当社の歴史の第一歩でございます。

話が少し横道にそれますが、私の記憶では、祖父母は先代より受け継いだ一握りの土地での農作と、小作農(大地主より農地を借りて年貢を納める)として生計を立てていたようです。
祖父母の一番の願いは、少しでも広く、少しでも多く、自分の農地を持つことだったと聞いております。年中、米・麦・野菜等を作り、朝早くからリヤカーに積 んで町に売りに歩き、少ないながら現金収入を得て、爪に灯をともすような生活をしつつ自分の農地を増やしていったと聞いております。

この時の農地が、旧本社と現在の本社と車庫等の敷地として使われているのですが、そういう経過を考えると、一坪でも無駄に使えないと思います。

2話 父の選挙

私の幼年時代の我が家の家業は農業でした。
私の記憶では、祖父は家族と父母と共に、毎日毎日、朝は朝星、夜は夜星が見える時間まで、黙々と田んぼで働いていたように思います。

その当時の百姓仕事に欠かせないのが農耕用の牛であり、私は父に牛車に乗せられて、家族が野良仕事をしている間、小川で遊んでいたことを思い出します。

少年時代には、学校から帰ると庭のタタキに消し炭で「どこどこの田んぼにいる」ということが書いてあり、農作業の手伝いをよくさせられました。この時ほ ど、町の子をうらやましく思ったことはありませんでした。「どうして町の子に生まれなかったのだろう?」と幾度となく思ったものです。

戦後、父は農業の傍ら、農閑期には市内の建設会社に日雇いとして働きに出ておりました。そんな時、農耕用の牛を農閑期にも自分と同じように働かせることは 出来ないかと考え、荷物運搬用の車を作り、建設資材の運搬を担当させて頂いたのが、物を運んでお金を頂いた仕事の最初だと記憶しております。

この時が当社の歴史の第一歩でございます。

話が少し横道にそれますが、私の記憶では、祖父母は先代より受け継いだ一握りの土地での農作と、小作農(大地主より農地を借りて年貢を納める)として生計を立てていたようです。
祖父母の一番の願いは、少しでも広く、少しでも多く、自分の農地を持つことだったと聞いております。年中、米・麦・野菜等を作り、朝早くからリヤカーに積 んで町に売りに歩き、少ないながら現金収入を得て、爪に灯をともすような生活をしつつ自分の農地を増やしていったと聞いております。

この時の農地が、旧本社と現在の本社と車庫等の敷地として使われているのですが、そういう経過を考えると、一坪でも無駄に使えないと思います。

3話 選択

馬車の数も少しづつ増え、最盛期には十頭の馬車により仕事をするようになりましたが、今と比べるとそれはのんびりした時代でありました。例えば、大協石油(現在のコスモ石油)構内を通行するのに馬の蹄から火花が散ったり、夜になるとちょうちんを灯して運行したりとか・・・。

時々、長距離輸送(長距離と言っても名古屋迄ではありますが)もありました。私の記憶では、アイスキャンディーを作る機械を名古屋の大官町迄運んだことが ありました。夜の十時に出発して、翌朝荷卸を行い、帰って来るのが夕方だったと思います。

今考えると馬車による輸送は大変で、馬が道路脇の店に突っ込んだり、橋のらんかんを壊したり、突然暴走しだしたという事故もあったようです。また、生き物 ですので、病気になったり、怪我をしたりした時の世話も、なかなか大変だったようです。後年、車の時代となり、父はよく「馬は何年か使役して、買い替える 時には、買値よりも売値の方が高かったが、車は古くなると鉄くず同然だ」とこぼしていました。
一度、私どもの馬が、多度大社の大祭の時に神官がのる馬として要請されたことがあり、故 平井専務が乗馬して多度まで往復したことがありましたが、大変な評判だったと聞いております。

昭和三十年頃になりますと、復興の勢いはめざましいものでありました。電器屋さんの店頭にもぽつぽつとテレビが置かれるようになりました。町内でも二軒ほ どテレビを持っているお宅があり、夕方になると近所の人々がそのお宅へ出向いて、それはもう映画館さながらの光景でありました。
また、この頃電話が普及し始めましたが、私の家に電話が取り付けられた時のことを今でもよく覚えております。電話のベルが鳴り、受話器をとっても、受話器に向かって話すことが恥ずかしくて、ろくに話も出来ませんでした。

運送業も徐々にではありますが、馬車から自動車による運送に変わり始め、日本通運様から「自動車に切り替えて欲しい」と要請されて、父は大変困っていまし た。何故かと言いますと、自動車運送事業は免許事業であり、免許の取得が非常に難しかったことと、その当時、父も馬子さんも誰一人として運転免許を持って いなかったからです。当時、運転免許を持っている人はごく少数であり、仕事を廃業するのか、自動車運送に切り替えるのか選択しなければならない時期となり ました。

4話 決断

父は、非常に考え悩んだ末、馬車から自動車による運送への切替を決断しました。
当時、馬は10頭になっており、切替えたときの馬の処分や自動車の購入、貨物輸送の免許、運転免許等々、どれをとっても頭の痛い問題ばかり山積しておりました。

先ず手がけたことは、自動車貨物輸送免許の申請で、すでに開業された方々に指導を受けて、専門家の力を借りて準備を進めました。
また、馬子の人達は自分たちの1日の仕事を終えてから、自動三輪免許取得の為、近所の修理工場から借りてきたボロボロのダイハツにまたがって農道を使い、走る練習を開始しました。
その頃には、私も高校2年生になっており、免許を取る資格がありましたので、練習の中に入れてもらい、日々練習を行いました。
その当時の車は、足できつくペダルを踏んでエンジンを始動させるのですが、車が古いのと単発のエンジンのために、なかなか始動しなかったことを記憶しております。

いよいよ運転試験の試験日が近づいてきました。
その当時の試験会場は、津の御殿場にあり、近鉄で四日市から江戸橋まで行き、そこから乗換えをして試験場へ行くわけです。駅で降りる人の大半は試験を受け る人たちであり、電車を降りると、他人よりも早く受験番号をもらうために、一斉に走り出し、会場までの競争が始まりました。
受験番号をもらうと、緊張が高まり、ドキドキしながら順番を待つわけです。

当時の試験内容は、先ず学科試験を受けて、実技試験になるのですが、実技の方は1次、2次と2回の試験がありました。
実技の1次試験で、短いコースを1分30秒以内で脱輪させることなく回って合格すると、2次試験では長いコースに挑戦するわけです。このコースの周りに は、順番を待つ受験者の人垣が出来て、皆が注目しておりますので、緊張感が高まり、運転席に座りますと手足がガタガタと震えました。
このような緊張感を無くすために、近くの食堂に走り、ひや酒を飲んで、試験に臨む人も少なくなかったようです。
全く今の時代では考えられないようなことであります。

 

5話 営業開始

苦労を重ねた結果、運転免許も無事に全員が取得することが出来、昭和32年3月25日付で運送免許を取得致しました。免許の種類は限定免許で、輸送品は空ド ラム缶に限り、四日市市内より出荷される商品と四日市市内に納品される商品のみ輸送出来るという非常に制限を受けたものでありましたが、池畑運送合資会社 と言う法人組織の登録を済ませ、マツダのオート三輪の中古車を4台購入して、いよいよ営業を開始することとなりました。

業務内容と致しましては、それまで馬車で行っていた仕事(ドラム洗浄工場から、大協石油の製油所や油槽所への空ドラム缶の輸送)を引続き行いました。当時 は、石油製品の輸送はドラム缶を利用する方法が主力であり、現在私どもが行っているようなタンクローリーによる輸送はほとんど行われておりませんでした し、また、タンクローリーを保有する会社も四日市市内にはほとんどありませんでした。
なにぶん、今まで馬車で行っていた仕事をスピードの出る車で行うわけですから、10頭近くの馬車の仕事もオート三輪4台に変わると、丸1日分の仕事がなく、午後になると空車で待機しなければならない日が続きました。

石井産業(ドラム洗浄工場)から大協石油(現 コスモ石油)までは、2.5km~3kmの距離であり、オート三輪に50本前後の空ドラムを積み終わり、運転席にまたがると、ホッとする間もなく商品の納 品を行わなければなりません。この作業が1日に十数回続くわけですので、乗務員というより作業員と言ったほうが合っていたかもしれません。
先ほども触れたように、今までの仕事を継続していただけでしたので、、午後から仕事の無い日が続きました。そこで、故 平井専務が乗務するかたわら、日本通運や大協石油の方々に仕事を頂けるよう、お願いをしてまわりました。
結果、大協石油様よりガソリンを精製する時に使用する白土の廃棄という仕事を少しずつ頂くようになりました。

白土の廃棄という仕事は大変な仕事でありました。
13尺(4m弱)もある長ロングボディ(当時)にスコップ1丁で白土を満載するわけですが、黙々と一人で積む作業は空ドラムを積む作業の比ではありません。
顔、手、足は言うに及ばず、体全体を白い粉でも塗ったような姿になったものでした。
今考えるとゾッとしますが、当時は、私どもの出来る仕事はこれしかないんだと思いながら、社員全員頑張って仕事を行いました。

6話 出逢い

石井産業様から大協石油様への空ドラム輸送の日々が続き、その仕事が早く終わった時には白土の処理を行いながら、二年の年月が過ぎた頃、石井産業様が出光興産様の油槽所のドラムを洗浄することが決定し、お陰様で、油槽所へのドラム輸送を依託されることとなりました。

当初は、50~100本程度の本数でしたので、日に1~2回の運送という微々たる仕事量ではございましたが、今から考えますと、この小さな取り引きがあっ たからこそ、今の池畑運送があるといっても過言ではありません。出光様との出逢いは偶然性を多分に含んだものでありました。当たり前のことですが、私ども は仕事量の大小によって区別することなく、頂いた仕事については一生懸命やって参りました。その甲斐あって仕事量も徐々に増えていきました。

この頃の出光様の油槽所は、非常に小さな規模で、これといった設備も無く、小型タンカーで荷揚げされた油をドラムに充填して、出荷する施設でありました。 出光様とお取り引きさせて頂いて、非常に驚いたことが二つありました。一つは、油槽所の方々が非常によく働いていたことで、私どもも朝早くから夜遅くまで 人並み以上に働いていたつもりでしたが、その比ではありませんでした。二つ目は、構内が非常に汚かったことで、長靴を履かなければ歩けないくらい、土の中 や上を問わず油がこぼれていたり、漏れていたりしておりました。

当時、ガソリンスタンドや農協関係の方々は、油をドラムで購入されており、出光様は自家用車で実入りドラム(ガソリン、灯油、軽油、重油)の納品を行って おりましたが、ドラムによる出荷も日ごとに増えていき、出荷量の多い日には自家用車だけによる配送が困難になってきていました。そんな時、出光様から忙し い時だけ応援して欲しいとの要請がありました。毎日の仕事ではありませんでしたので、増車することも出来ず、かといってお断りするにはもったいない仕事で ありましたので、苦肉の策ではありましたが、石井産業様の仕事の前に、出光様の仕事をすることが出来ないか相談させて頂きました。検討して頂いた結果、自 社で配送出来ない日は仕方ないだろうということで、実入りドラムの輸送を始めることになりました。

実入りドラムの配送については、石井産業様の仕事が朝の8時から始まりますので、前日の夕方に積み置きさせて頂き、伊勢や久居方面に配送しました。なにぶ ん、納入先様に到着するのが朝の5時から6時くらいですので、お客様をたたき起こして荷卸をして、飛んで帰って、石井産業様の仕事をするという日々であり ました。